雄琴ソープの女の子は体全部を使って精一杯気持ちよくしてくれる

セクシーな体の女性

雄琴でソープ初体験

白いランジェリーの女性

これまで何度か風俗で遊んだ私にとってソープは憧れの存在でした。やっぱり色々と違いますからね。しかし、近場にお店が無いという事もあり、未経験のまま現在に至っていたのです。そんな時に滋賀の親戚の法事に出席することになったのは、運命だったのかも知れません。忙しい親父の代役で、普段なら面倒に思うところですが、行きますお父さん!と一転孝行息子に変身したのでした。
これからのプレイを想像して勃起を抑えるのに必死だった法事を終え、帰りの車も断って向かったのはもちろん雄琴です。事前に目星を付けていた店に入ると、そこはもう別天地。ハッとするような美女が、よろしくお願いしますと丁重に挨拶してくれました。まずお風呂に入って全身の汗を流します。女体を駆使して洗ってもらうと、肉棒はもはや極限状態です。そして始まった潜望鏡。これは絶妙のコンビネーションですよ。
体も精巣もスッキリしたところですが、まだ前座が終わった段階なのです。そしてその後のメインイベントでは、まさに風俗の極みを味わったような気がします。やはり凄かった雄琴のソープ。顔もボディも赤貝も完璧な女性でした。あの感動を再びと、滋賀まで遠征する生活が始まりそうです。

TOP